2013年入社 輸送機器設計機械工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

会社説明を受けた際に『設計のみに特化している』というところに惹かれました。もともと、ものづくりに興味があった私は、自分自身で設計しゼロからものづくりができるやりがいのある仕事だと感じ、志望しました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

入社後、約2ヵ月の研修を経て本社事業部TM-Buに配属となりました。
配属後は、図面作成の仕事を行うのですが、分からないことが多く、先輩社員の指導のもと、機械設計について理解を深めながら、図面を作成することができるようになりました。
その後、輸送機器設計に携わり、開発日程に沿って搭載検討や部品設計を行い、試作部品・生産部品の設計を行っています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

輸送機設計において、さまざまな評価条件を満たすだけではなく、部品の製造方法や管理方法での使われ方を想定するなど、いろいろな角度から検討・考察してゆく必要があります。
その為には設計を始める前に上司や先輩としっかり話し合い、アウトプットイメージを共有することが大切だと感じました。品質を良くするためには多大な時間と労力が必要です。この共有ができていないと検討のやり直しといったことも起こってしまいます。
市場での不具合を起こさせないためにも、検討を重ねてゆくのですが、大変難しいと感じることもあります。しかし、自分が設計した部品が製品となって市場で見かけたときには、達成感が得られ、やりがいのある仕事だと実感しました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

入社当時と比べ技術力は高くなっていると思いますが、まだまだ力不足なところもあり日々勉強中です。『大丈夫だろう』ではなく『100%大丈夫』といえる設計者になりたいと思います。5年後には今よりもっと知識を増やし、後輩社員に分かりやすく指導ができるようになりたいと思います。
また職場の雰囲気が良く、先輩社員も分かりやすく指導していただけるので働きやすい環境だと思います。