2018年入社 半導体製造装置設計
機械・エネルギ-システム工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

私は学生時代より将来はものづくりに関係する企業に務めたいと考えていました。ものづくりといっても研究開発、設計、生産など様々な職種がありますが、自分がどの工程に関わりたいかを考えた際に一番魅力に感じたのがものづくりの上流工程にある設計でした。そうした中で私がカンセツを選んだ理由は、設計に特化しており設計業務に必ず携わることができ、歴史が深いという点から取引先企業との信頼も厚く、技術力が高い企業だと判断したからです。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

私が配属された事業所では主に3DCADを用いた業務を行っているので、まずはCADの操作を覚えることから始まりました。その後、半導体製造装置の部品図、組立図の作成や流体の圧損を考慮した配管経路のモデリングなどを行いました。

Q. 仕事を始めて感じたことは

業務を行う中で感じたことは、設計は仕様を満たしていればそれで良いというわけではなく「コストは適切か」「材料は手配しやすいか」「加工は可能(容易)か」「取付けは容易か」「取付ける時に危険はないか」「整備はしやすいか」など、手配を行う方、加工を行う方、組立てを行う方、整備を行う方、使用する方など他者への気配りと思いやりがとても大切だと痛感しました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

5年後の将来像としては、日々技術力の研鑽や主体性を持って仕事に取り組むことにより誰からも信頼を得られるような技術者になりたいと考えています。カンセツの良いところは、必ず設計業務に携われるという点です。他の企業に入って設計をやりたいと思っていても、設計部署に配属される保証はどこにもありません。その点カンセツは設計専業ですので必ず設計に携わることができます。設計技術者になりたいという人は是非私達と一緒に働きましょう!

2018年入社 生産設備設計
生産システム工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

就職活動中に先生から紹介を受けて会社見学に行ったことがきっかけです。当時は就職活動がうまくいかず足がすくみがちだったので、とにかく行動しようと思い、会社見学が終わる頃には採用試験を受けさせていただきたいと伝えました。恥ずかしながら、悩む前に会社見学・採用試験と決めてしまったので、改めて事業内容を理解したのは入社より半年前くらいでした。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

本社で2ヶ月間の研修を終え、仮配属先の東京事業所で自動機設計とプラント設備設計について指導を受けました。自動機設計のグループにつくことになってからは、まず部品図を書くことから始めました。1、2ヶ月間毎日部品図を書いていましたが、試作機検討の仕事にいきなり変わったのでそれまでの知識ではついていけず、大変だったことを覚えています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

自分の中のものさしの大きさが変化したと思います。試作機の検討をしていた際は厚さが10mmにも満たないスペースの中に部品を配置する必要があったので、配置を工夫して1mmの隙間が確保出来た時にはとても大きな空間を得たような達成感がありました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

機械設計技術者試験や技能検定等を積極的に受けられる体制や、会社独自の教育カリキュラムがある等、教育制度が充実しています。機械設計技術者試験や技能検定は社外の試験ですが実務内容ともマッチしているため、合格に向けて勉強することで自分の知識が深まっていき、実務でも勉強で学んだことを活かしながら取り組むことが出来ます。

2018年入社 輸送機器設計
機械制御工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

私は学生時代AutoCADを使用して図面を書くことが好きでした。そのことを生かした仕事がないか探していた時に担任の先生からカンセツのことを教えてもらいました。カンセツでは車関係をはじめ、様々な機械の設計の業務があると知りこの会社で働いてみたいと思い、面接を受けました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

私の配属先では主に3DCADを使用して設計をする仕事が多く、学生時代には3Dで部品を作ったことが無かったので苦戦しました。ですが先輩に教わりながら少しずつですが部品の作成や2D図面化ができるようになって行きました。

Q. 仕事を始めて感じたことは

仕事は一人でコツコツとやるものだと学生時代は考えていましたが実際に入社して仕事を始めていくと、とても一人ではできないことだということがよくわかりました。例えば仕事をもらって自分が思っている作り方で作業をしていても、先輩からもっといいやり方を教えて頂き、効率のいい進め方を覚えて、次の機会に生かせるようにしていくことが大事だと感じました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

まだまだできないことだらけで、周りの方に教えてもらいながらの仕事が多いですが、早く一つでも多くのことを覚えて周りの方に頼りにされるように努力を続けないといけないと感じています。5年後には後輩の見本となれるような先輩になりたいです。カンセツでは数多くの分野の設計ができるので、一つの分野の設計にとらわれず、様々な設計に対して強いところがいいところだと思っています。

2018年入社 輸送機器設計
機械設計科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

昔から自動車に興味があり、学生時代は自動車業界で広く使用されている3DCADを学んでいました。仕事も自動車設計に携われればと思い就職活動する中でこの会社に出会い、設計業務を行える環境が整っているという点が自分の学んだことを十分に生かせると思い選びました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

社内研修を終え本社事業部に配属されてからは、先輩方の指導のもと、トラックの架装固定ボルト配置検討や骨格の剛性解析を行いました。現在は、乗用車のアンダーボデー設計を行っています。開発日程に合わせた新規部品の搭載検討や剛性・強度UP検討、異音・防塵・防水・防錆対策、生産性等々を満足する設計検討が業務となっています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

自分が設計した物に対してなぜこの形状にしたのか自分なりの考えを持ち、説明できることが大事だと感じました。私自身まだまだ経験が浅くこれを実行できませんが、様々な設計を経験されている先輩方のアドバイスには自分には無い知識や考え方があり、設計者として日々成長が実感でき、充実しています。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

設計者としてまだまだ未熟なことが多いですが、設計に必要な知識を持っている先輩が多く身近にいるこの環境を上手く活用して、自分自身のレベルアップに繋げていきたいと考えています。そして、自分が設計した物が世の中に役立つような設計者を目指して頑張ります。

2018年入社 輸送機器設計
機械設計科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

就職活動中の私は、自分の実力が社会に出て通用するのか自信がありませんでした。そんな折に企業説明会で先輩の生の声を聞く機会があり、「仕事は1から教えて貰えるし、資格の取得も最大限サポートしてもらえる。」という言葉を受け、仕事に対する不安が薄れると同時に、資格を取得する事が自信にも繋がるのではと思い入社を決めました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

私は八王子事業所に配属となり、輸送機関係の部品設計に携わっています。実務を通して分野毎の専門知識を先輩方に教わりながら、お客様がその部品にどの様な機能を求めているかを考慮して、材質や加工法の選定、形状検討、強度評価を行い、図面を作成しています。また先輩の言葉通り、資格試験についても親切丁寧に教えて頂き、2級技能士の資格を取得する事も出来ました。

Q. 仕事を始めて感じたことは

作業によっては設計している部品だけでなく、その部品がどのような条件で車輌のどの部分に取り付けられるかを判断する広い視点を持つ必要があり、難しく感じています。「何をどうすれば要求された条件を満足できるか」「こうすれば今後新しいパターンが出た時にも共通化が図れるのではないか」と考えを巡らせて、段々と形が出来上がってゆく工程を楽しくも感じています。部品によっては数ヶ月かけて検討を行うものも有りとても大変ですが、完成した物を見た時の思い入れも強いです。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

これまで先輩方には色々な事を教えて頂き、知識やノウハウを身につける事ができました。これからは人から教わるだけでなく、自分が後輩を教え、導いてゆけるような先輩になりたいと考えています。その為には日々仕事の中で学んでいくのはもちろんのこと、知識や技術が身についていることの確認や、教える立場として、後輩に対して説得力を持たせるためにも、資格取得に励んでいきたいと考えています。

2018年入社 省力化設備設計
総合工学システム学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

高専で担任の先生から紹介を受けたのがきっかけです。設計のみに特化しているということで一から何かを生み出せるのが面白そうだと感じたこと、学校での知識を生かして仕事ができそうだと感じたことから入社を希望しました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

入社後、研修を受けて、本社事業部に配属となりました。配属後約3ヶ月後から現在まで客先内に入っての生産ラインの設計に携わっています。普段は2D部品図、組図の作成、3Dでの詳細設計、打ち合わせ用の資料の作成等を行っています。また、Excelが少し得意なため業務の補助となるようなファイルの作成、編集を行い仕事の効率化にも貢献しています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

初めのころは図面を書くにしてもミスばかりで先輩からの添削で図面が真っ赤になるほどだったのですが、徐々に添削が減っていくにつれて少しずつですが成長を感じられています。また、先のExcelのような技術的なこと以外についても多角的な視野を持って貢献できるようにしていきたいです。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

今は先輩の方々がお客さんと話し合って設計の方針を決めたのち作業を分配してもらっています。その立場となったときに十分に話し合えるだけの技術力、コミュニケーション力を身に着けていかないといけないと感じています。わからないことがあれば先輩方が答えて頂けますし、技術力を上げるための制度もあるため自己研鑽に励み、後輩に対しても適切な指導ができるような技術者になっていければと思っています。

2018年入社 電子機械科
電子機械科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

私は昔から、車や工場のロボットなど、自動で動く物やそのメカニズムが好きでした。見ていると、どうやって動いているんだろう?と疑問に思い、とても興味を惹かれました。そのことから、学校では機械やものづくりについて学びました。ものづくりの中でも、部品やメカニズムなどを考え形にするという点で、設計に携わる仕事をしたいと思いました。カンセツは様々な製品の設計を手掛けており、自分のやりたいことが出来ると考え、選びました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

主に輸送機器設計をしている東海事業部に配属になりました。配属後は、バイクやボート等のエンジン部品のモデリングや、部品図の作図をしました。入社一年目の末には、先輩方と協力して、検討業務や仕様打合せ、お客様への納品までを対応しました。さらに、自分で設計した製品の現物確認もしました。

Q. 仕事を始めて感じたことは

部品の形状には一つ一つ意味があり、小さな部品にも設計者の思想がたくさん詰まっていることを知り、機械設計の奥深さを感じました。また、製品のレイアウト検討から納品までの、一通りの製品設計を通して、創造する楽しさや責任の重さを感じました。自分で考え抜いた形状を認めて貰えた時や、自分が設計した製品の現物を確認した時は、とても達成感があります。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

入社して2年が経ち、今まで様々な部品を幅広く設計させて頂き、日々新しい発見があります。まだまだ分からない事が多く、知識や能力の点で私自身、満足できていません。その為、今後も初心を忘れずに自身のスキルアップをしていきたいです。そして、私が設計した製品を世の中に送り出し、昔私が興味を惹かれた様に、誰かに感動してもらえる、素晴らしい設計が出来る設計者になりたいです。

2018年入社 制御プログラム設計
情報技術科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

私は学生時代に、情報に関すること(プログラミングなど)を専門的に学んでいました。特に、プログラミングに関する知識や経験を活かせる仕事がしたいと思ったことが、選んだきっかけです。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

現在は、バイクの制御ソフトウェアの設計、プログラムの実装を行っています。お客様からの要求を受け、それを実現できるソフトウェアの設計を行います。その設計をお客様に承認していただいた後、プログラムの実装を行います。

Q. 仕事を始めて感じたことは

未だにやってしまう間違いとして、自分で決めつけて設計をしてしまうことがあります。これをしてしまうと、設計をやり直すことになり、余計に時間がかかってしまいます。時間を無駄にしないためにも、疑問点があればすぐに確認して、設計を進めることが大事だと感じています。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

まだまだ、未熟であり一人前には程遠いと感じています。自分の悪いところを見直して、改善していきたいと思っています。今は、先輩に頼り切りですが、5年後には自分が頼られるような存在になりたいと思っています。

2018年入社 半導体製造装置設計
機械システム工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

大学の就活課に設計関係の仕事に携わりたいと相談したところ、様々な企業で設計業に携わっているということで紹介されました。その後説明会を通じて、この会社に魅力を感じて入社しました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

主に半導体の生産設備の設計を行っています。ベースとなる設備があり、その設備をもとに様々な顧客のニーズに合わせて設備の変更や追加装置の設計などを行っています。そのほかにも装置の3Dデータ化等をしています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

視野を広く取ることが大事になります。一個の部品を変更した場合、他の装置にはどのような影響を与えるのか、また装置だけでなくその部品関連の書類がどのように変更されるかなど、一つ部品を変更するだけでも様々なものに影響を与えます。そのため、一つの変更がどれだけ影響を与えるかを把握しなければなりません。それを把握するには、総合的に考えることのできる、広い視野が必要になると感じました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

3年目ではありますが、まだ把握できないことも多いため先輩社員の方々に頼らねばならないことは多いです。ですが日々できないことをできるようにして立派な技術者となりたいです。幸運なことに技術者に関する資格の試験に関しての支援制度がありますので、頑張っていきたいと思います。

2018年入社 半導体製造装置設計
機械工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

カンセツを知ったきっかけは、大学の企業説明会です。私は昔からモノ作りに携わる仕事がしたいと考えており、企業説明会に参加した際に、多様な機械を専門的に設計できるところに魅力を感じました。また、機械設計者として必要となる資格を取得するための教育環境も整っており、資格取得者数も多く、自身のスキルアップにも繋がると思い入社を決めました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

半導体洗浄装置の設計業務に携わっています。最初は図面の基本的な知識や、CADの使い方を学ぶ為に、先輩方が設計した検討図から部品図を作成していました。それから日々の業務を経て、少しずつできることが増えていき、実際に装置に使われる部品を自ら検討することも任せられるようにもなってきました。

Q. 仕事を始めて感じたことは

仕事を始めて一番驚いたことは、組み立てられている装置を実際に見た際に部品一つから装置全体まで、図面だけを見てイメージしていた物と大きさや印象がかなり違っていたことです。自ら設計した部品が製作され、そのたくさんの部品が組み立てられて一つの装置となり、世の中で役立っていることにやりがいを感じます。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

入社当時と比べ、できることが少しずつ増えてきたとは言え、まだまだ分からないことがたくさんあるのが現状です。これからも日々技術を磨き続け、知識を学び続け、お客様から信頼される技術者を目指します。会社では、親睦会などの行事も多くあります。そのような場面で先輩方や同僚との親睦を深められることも魅力を感じるところだと思います。

2018年入社 半導体製造装置設計
機械工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

学生時代に減速機の設計製図の課題を行った際、色々と配慮する点も多く苦労した経験をしましたが、今まで知らなかった構造に対しての知識向上と、完成時に大きい達成感を得ることが出来ました。そこから設計に興味を持ち始め、企業説明会等にも参加し、設計の仕事に就くことを選びました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

配属先では、主に半導体製造装置の設計に携わっています。実務の中で、先輩方に設計の基本や装置の構造等について教えて頂き、現在は小規模ながら仕様に合わせた部品の設計を任せてもらえるようになりました。自ら考えた部品に対して意見交換することで、想像もしていなかった注意点や改善案など、非常に多くの知識に触れる機会があり、少しでも多く知識を吸収出来るように努めています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

最近になって、自分の考えや想像したことを相手に伝える難しさを痛感しています。自身で部品構造の設計をした際にも、部品の構造を上手く伝えることが出来ず、説明するだけで多くの時間がかかってしまうことがあります。今後、設計の規模が大きくなると更に説明事項が多くなる為、効率良く的確に伝える方法を模索しています。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

まだまだ未熟ですが、入社した当初に比べ着実に知識がついてきたことを実感しています。簡単な内容の設計でも、いざ取り掛かってみると確認や理解が必要な内容が多く含まれてきますので、より一層の知識向上に努めていきたいと思います。

2018年入社 輸送機器設計
生産技術卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

子供の頃から、ものを作ることが好きで、ものづくりの仕事に興味がありました。就職活動の時、たまたまカンセツの企業説明会を受けました。その時、説明の中で、設計のみに特化し、さまざまな分野の設計が行えるという言葉に惹かれて会社を選びました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

入社後、大阪本社での研修を終えて三河事業所に配属になりました。配属されてから現在に至るまで、自動車メーカーで排気管の設計業務に携わっています。苦労もあり、日々勉強中ですが、自分の設計したものが認められた時の達成感を次の仕事への活力にし頑張っています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

設計業務をする上で、打ち合わせなどで関係者と話す機会が多いです。その時、自分の意見を言えることが出来るようになっていると、仕事の進め方が変わっていきます。そのために、色々なことに興味を持つことが大事なことだと思いました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

現在は、自分のスキルを磨くだけでなく、そのスキルを適切に人に教えたり、与えることにより業績を上げられるような人材になりたいと考えています。また、自分のもとに人が配属される様な立場になったとしても、自分はまだまだ学ぶことがたくさんあるので、教える気持ちだけでなく学ぶ姿勢も継続していきたいと思っています。

2018年入社 プラント設備設計
環境材料工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

就職先を考えている時に弊社の会社説明会が母校でありました。元々、設計業務に興味があり他の設計会社も視野に入れておりましたが、会社訪問を行い社内の雰囲気や先輩社員の話を聞いた上でカンセツを選択いたしました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

配属先では、様々な取引先の業務がある中で多種多様な設計業務をさせていただきながら経験を積んでいます。現在では、その中から興味がある自分に合った取引先の業務を主にさせていただいており、とてもやり甲斐のある仕事を行っております。

Q. 仕事を始めて感じたことは

私は、現在入社して三年目で、まだまだ失敗が多い中で、業務案件についてどのように設計したいか自分の意見を持つことを大切にしております。経験不足から間違った発言をすることも多々ありますが意見が採用されたり自らが試行錯誤して作成した図面が、実際に目に見える形として製品になっていた時は、とても嬉しく達成感が感じられました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

少しでも早く成長し、5年後には後輩に仕事を廻していけるようになりたいと思っております。今現在では、私のみで取引先との打合せから図面提出まで上司の手助け無しでは行えませんが、5年後には自らが持ち帰った業務案件を後輩に教えられる立場になれればと日々、努力しております。 

2018年入社 半導体製造装置設計
CADクリエイト学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

設計を通してものづくりに携わりたいと思ったのが第一の理由ですが、それと同時に安定性がある事や、資格手当や残業手当支給など福利厚生が充実していた事からです。整った環境で研鑽を積めると思いました。また7年にも渡る社内教育制度があるという事も魅力的でした。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

入社後約2カ月の研修を経て、新入社員それぞれ各地に配属されました。配属後は2Dの図面を見て3Dモデルを作成したり、形状が簡単な部品の図面を作図したりしました。3年目の現在は主に半導体の洗浄装置の設計に携わっており、複雑な形状部品の作図や組立図を作図したりしています。普段目にする事のない機械なので、動作をイメージするのは難しいですが、先輩社員にアドバイスを頂きながら日々の業務に励んでいます。

Q. 仕事を始めて感じたことは

削りの指示を入れるか入れないか、材質刻印を表面に打つか裏面に打つか、これだけでも見た目や雰囲気は大きく変わります。また同時に、たったそれだけの選択1つで加工手順やコストも大きく変わります。お客様の求めているものは何なのか、求めているものを実現する為にはどういった図面を作成しなければならないか。この課題をクリアすることが私にとって設計の難しいところであり、やりがいのあるところだと感じています。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

割合として女性社員は少ないですが、質問や相談はしやすい環境にあります。ただ女性社員が少ないが為に、結婚や出産等で仕事とプライベートとの両立に影響が出ないか将来的な不安もあるところですが、都度相談して乗り越えていきたいです。その点、対象の試験に合格すれば資格手当は支給されますし、頑張れば頑張っただけの評価が返ってきます。自分の成長が形として残るので、頑張り甲斐はあると思います。

2018年入社 省力化設備設計
機械工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

授業のCADを使用した設計・製図で設計に興味を持ちました。カンセツは様々な分野の設計を扱う設計専門会社で、母校の卒業生も多く活躍されており、恩師からの勧めもあり入社を決めました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

研修を経て事業所に配属となり先輩方のご指導のもと、様々な分野の部品図や組立図の作成を行い、実務を通し必要な技術・知識を教えて頂きました。現在は、お客様の構内へ出張し生産設備の設計業務に携わって、3DCADを使用し先輩方のご指導のもと設計を行っています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

自分の関わった設備を実際に見る機会があり、現物は設計時に思い描いていた大きさと異なり大きく感じました。3Dモデルや2D図面で作図したものが、実際に形を成した事に大きな充実・達成感を得ることができました。同時に製作・組立に於ける改善点などの発見があり非常に勉強になりました。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

最適な機構や部品形状、市販品の扱い方に対する知識不足を感じています。検討したデータを先輩に確認してもらう際、よりスマートな形状や機能的に優れる指示・指導を頂き、日々メモを取り知識を蓄えるように努めています。5年後には、技術的な「引き出し」が多い設計者となり、お客様に信頼頂ける様、日々研鑽中です。