2014年入社 ソフトウェア開発設計情報工学専攻卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

京都で開催されていた合同企業説明会を訪れた際に、当社のことを知りました。
制御系プログラムの設計を中心に行っているという点に惹かれました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

主に半導体製造装置にある各種機器の動作を制御する、プログラムの設計及び実装を行っています。その他に、Androidアプリケーションソフトウェアの開発にも携わったことがあります。いずれの業務にしても、お客様からの要望を実現するためのソフトウェアの制御仕様を策定し、お客様に説明いたします。その後ソフトウェアの作成・改修を行っています。

Q. 仕事を始めて感じたことは

入社する前は、ソフトウェアの設計・実装が主な仕事であるので、お客様と話しをすることはそれほど多くないと思っていました。しかし、実際に仕事を始めると要求仕様の不明瞭な点の確認や、設計した後の仕様をお客様に説明するなど会話する機会が多く、要点を明確に伝えられるように表現することが大切だと感じました。アプリケーションソフトウェアの開発時には、ソフトウェアが動いているのを確認しやすいため、自分が設計したソフトウェアが想定通り動いているのを見ると、大きな達成感があります。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

入社してから今に至るまで、装置についての知識やソフトウェアの設計におけるノウハウもずいぶん身についてきました。今担当している仕事は既存のソフトウェアへの機能追加や改修が多いため、ソフトウェアを一から設計する仕事にも携われるようになりたいと考えています。今後、当社の発展において、アプリケーションソフトウェア開発事業が拡大してゆくことも考えられ、馴染みのない仕事にも対応できるように、技術を磨いてゆこうと思っています。