2014年入社 プラント設備設計機械工学科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

学校での設計の授業で楽しさを感じ、設計への興味が湧きました。そして、就職活動の時、先生から会社の説明を受け、設計のみに特化し、さまざまな分野の設計が行えると感じ、惹かれました。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

私は四国事業所に配属になりました。はじめは先輩方に助力していただき、設計の基礎を学びながら実務に携わっていました。お客様の仕様にあった図面をいかに効率よく進めていくか、また仕様内容を間違えることなく理解するかに苦戦ながらも徐々に効率も上がり、間違えも少なくなってゆきました。またその後実際にお客様の設計部署へ派遣され2年間実務を行いました。そこで生産された製品や、自分自身で設計したものを見ることでより設計の理解を深めることができました。

Q. 仕事を始めて感じたことは

設計を始めて、常に設計の重要性を感じています。ものづくりにおいて設計とは土台となる部分であり、この土台がしっかりしていなければ、後の生産工程に大きく響きます。私も図面のチェック漏れが原因で、後々の作業が大きく遅れてしまったことがありました。そのような失敗を経て、ものづくりの重要な部分を担っている設計に大きな責任感と共に、成し遂げたときの達成感を感じています。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

入社時は、右も左もわからず苦労が絶えませんでしたが、一歩一歩確実に成長していると思います。しかしながら知識や経験の不足を痛感するときが数多くあります。それらを補うべく、今のうちに先輩方からの知識や日々の業務での経験を多く吸収し、これからの糧にしてゆきたいです。そして将来的には、先輩方から受け継いだ知識や業務で得た経験を後輩たちに指導できるようになりたいです。