2016年入社 輸送機器設計機械科卒

Q. 会社を選んだきっかけ・理由は

私はもともと、製図やCADなどで形状を想像することが好きでした。そして自動車やバイクなどの乗り物も好きでした。このことから最初は製図に興味を持ち、会社見学で説明を受けたところ、自分のやりたいことができる職場であると感じた為です。

Q. 配属先でどんな仕事を始めましたか

私は、浜松事業所に配属となりました。
初めは、自動車やバイク、発電機などの部品図を描いたり、モデリングを行いました。その後、徐々に形状が複雑な部品の設計を任せていただけるようになりました。
現在は、スポーツボートの設計を行っており、その中でも加速性能に関わる部位を担当しています。スポーツボートは、自動車やバイクなどの乗り物と比べ、接する機会が少ない乗り物だと思いますが、陸上の乗り物では味わえない加速や旋回を感じることができます。その特性を考慮しながらの設計は難しいですが、とても楽しいです。

Q. 仕事を始めて感じたことは

設計の仕事はとても奥の深い仕事だと感じます。必要な条件を満たす形状であったり、技術的裏付けとなる計算が欠かせません。学生時代は、机と教科書に向き合うだけの勉強は好きではありませんでした。しかし、仕事にやりがいや責任感を持ち、自分の考えていることを相手に伝えたい、認めてもらいたいと思えば、自分から教材を見たり学ぼうと思います。
自分の分からないことが理解できたり、自分の考えが相手に上手く伝わると、とても嬉しいですし達成感があります。

Q. 自身が考える5年後の将来像は

学生時代と比べ、自分から行動することが多くなったと感じます。学生時代の勉強は、やらされている感覚がありました。しかし、今は自分が必要と思い、どのような時に計算式や幾何公差などを使うか、その知識を身に付けるにはどうすれば良いのかを考え、自分から行動することが多くなりました。
5年後には自分のグループの中核となり、グループや後輩たちを引っ張る存在になりたいです。その為にも、何事にも積極的に取り組んで行きます。